横浜のフリーランスWeb制作者ブログ

2015年 8月 21日

iPhone5が新しくなったYahYahYah!


8月に入ってからの事ですが、2年9ヶ月ほど使っているiPhone5の液晶画面を触るとその周辺がグニョンと波打ったような違和感を感じるようになりました。パソコンの液晶ディスプレイを強めに押すと色が変わる、あの現象です。今までこんなことなかったのになぁ、とよくよくiPhone本体を見てみると…

11863228_10207187019415299_1137982144402602914_n
本体からディスプレイが浮き上がってる…?

この時は単純に、ポケットに入れて持ち歩いていたりしてその負荷による変形なのか、と思い込んでいました。まぁ3年も使えばだいたい買い替え時期になるよなあ。でもiPhone6、全然欲しいと思わないんだよなあ(デザイン的に)。

そんなことをfacebookに投稿しますと、とある方がこう仰ります。

「リチウムイオンバッテリーの膨張ですね。どんどん膨らんでぱっくり開きますよ」

!!!そういえば、以前使っていたスマホでもありました、ありました。電池がパンパンに膨れていて、携帯ショップで新しい電池に交換してもらったことがあります。一部ではこの現象を「妊娠」と言うのだそうです。

ならばもし電池の交換だけで済むのであれば、そうしたいなあ、と思って調べてみますとこんな記事を見つけました。

iPhone 5のバッテリが膨張しはじめていた話あずまや様

え、無料で本体まるごと交換、ですか?
もしそうなるのであれば大ラッキーじゃないですか。

早速AppleStoreのジーニアスパーに予約を入れました。

予約当日、iPhoneのバックアップをmacbookに取って、macbookも持ってAppleStore渋谷に向かいました。予約時間ピッタリに呼ばれ、iPhoneを見せた途端に「あー、電池の膨張ですね」「購入3年未満であれば無償で交換するプログラムがありますので、それを使って交換しますか?」と実に話が早い。この辺は予約時にiPhoneのシリアル番号を送ったりしていた為もあったと思うのですが面倒な手続きはほぼゼロであっという間に新しいiPhone5が用意されました。

CM2plJRWUAEWUL1.png-large
交換前夜のiPhone。あらぬ所から光が漏れて何かが出てきそうです。

ちなみに今日のAppleStoreはとても混雑していて、「4時間待ち」といった声も聞かれましたし何かと予約していくのが良いと思いました。あと、ちらほらと「電池の膨張ですねー」といった声も聞こえておりました…。

店員さんが新しいiPhoneにSIMカードを入れ替えて、iOSのバージョンアップまではやってくれます。あとの復元はお客様各自でね、ということなのでその場でmacbookから復元作業を行い、30分ほどでほぼ環境は復活しました。素晴らしい。

ただし携帯キャリアのメールアカウントが消えているのでプロファイルをインストールし直したりする必要がありました。この作業を行わないとキャリアのeメールが使えない上に電話帳の連絡先が復活しないので最初ちょっと焦りました。auの場合だとこのページあたりが参考になると思います。またPC用のメールアカウントのパスワードや、一部アプリのパスワードも再入力・再設定が必要でした。

その他のポイントを羅列しますと
iPhoneのバックアップはiCloud上にも取ることができるのでパソコンが無くてもOKです。
交換前のiPhoneは目の前で初期化を行った上でAppleStoreに回収されます。新しいiPhoneには箱も何も付いてきません。本体のみです。

それにしてもあと僅かで3年経過していたわけで、経過後だったら有償での修理または交換になっていたわけで、ラッキーだったと思います。この機種であと2年はやっていけそうです。ありがとう、Apple!

Posted: 2015年 8月 21日 19:00

Tagged with ,


Categories: 日記

Comments: No comments


トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

コメント





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Gravatarに登録されているアバターを使用します。

Additional comments powered byBackType