横浜のフリーランスWeb制作者ブログ

2010年 7月 02日

大泉学園「昆布の黄金屋」


大阪と言えば!…たこ焼きお好み焼きお笑い阪神タイガース等々、いろいろな名物がありますが、大阪のお土産と言えば?ちょっと、困るのが正直なところです。真面目なお土産と考えると、個別にはいろいろありましょうが、大枠では「粟おこし」と「昆布」に集約されるのではないでしょうか。今日は、昆布のお話などを少々。

有名な「をぐら昆布」に代表される大阪のグルメ昆布事情。豊臣秀吉の時代、大阪・靱(うつぼ)が中心的な昆布の集積地となり圧倒的な流通量を誇った名残りが、今日に至ると言われています。主に北海道で生産された昆布が、戦前まではほとんど大阪に集まっていたわけで、この結果関西では昆布だしが主体となる、面白い現象が起こったのです。

昆布の黄金屋大泉学園店

前置きが長くなりましたが、東京練馬区・大泉学園にも素敵な昆布のお店があるのでご紹介します。お店の名は「昆布の黄金屋」さんと言います。本店は大阪府交野市倉治。私の実家のすぐ隣町というのも少し嬉しく、応援したいポイント。関西で34店舗、関東に13店舗を展開されていて、その一つが大泉学園店というわけです。

だし昆布はもちろんの事、贈答用の木箱詰め合わせもあります。また、一般家庭で手軽に食べられる各種小袋も数多く売られていて、日頃ちょっと買って帰るにも良い感じです。ちりめん山椒、大好きです。にしんの昆布巻きなど、すぐにおかずの一品になるアイテムや、炊き込みご飯の素なんかもあります。

贈り物からちょっとしたお土産にも、また家庭で気軽に楽しめる逸品が買えるお店。先日紹介した梅の大谷さんといい、大泉学園、素晴らしい街です。

 

昆布の黄金屋 大泉学園店
〒178-0063 東京都練馬区東大泉1-30-13 井上ビル
10:00~18:00(年中無休)
http://www.koganeya.co.jp/

昆布の黄金屋 大泉学園店

…書きながら思いついた超余談ですが、カレー馬鹿である私、次は昆布だしのカレー作りにチャレンジしてみようと思います。

Posted: 2010年 7月 02日 08:56

Tagged with


Categories: 大泉学園,練馬のナイスなお店

Comments: No comments


トラックバックURL

コメント & トラックバック

コメントはありません

コメント





コメント本文に次の(X)HTMLタグを使えます:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Gravatarに登録されているアバターを使用します。

Additional comments powered byBackType